進路

進路指導部より

“理想の自分”を追い求める進路指導

明和県央高校では、「自分の納得する希望進路の実現」を目的として進路指導をしています。進路選択は、決して進学や就職が最終ゴールではありません。進学先や就職先の各ステージで意欲的に取り組み、自分を生かす道を歩んでいると実感できることが大切です。
行きたい大学、就きたい職業、一人ひとり違うのは当然です。その希望を叶えるために複数の先生がチームを組み、個別の進路相談に応じています。「家から近い上級学校ではなく、夢から近い上級学校」、「入れる大学ではなく、入りたい大学」。自分自身の可能性を信じ「夢」を実現するために、納得のいく進路選択ができるようアシストしていきます。

学習指導について

コース別に各教科のシラバス(具体的な授業計画や内容を示したもの)を年度初めに配布します。このシラバスに沿って授業が進められるので、予習・復習や家庭での学習計画も立てやすくなります。さらに、平日・土曜・長期休業中には学習会を充実させ、学力の向上を図るとともに、英語検定・漢字検定を全員受験し各々の目指す級への合格をサポートします。また、「生徒による授業アンケート」を実施し、生徒の声を教員にフィードバックすることにより、授業の質を高める努力をしています。

進路指導について

過去の自分、現在の自分と対話しながら、未来の自分を形作っていくのが進路です。本校では、高校3年間を通して『自己理解』『職業観の育成』『進路の選択と決定』まで段階的かつ総合的な進路学習に取り組んでいます。小論文指導にも力を入れ、1年次より確かな文章の表現力を身につけさせています。また、県内外の国公立大学・私立大学・短大・専門学校を招いての学校説明会、大学講師による「出前授業」、さらに夏期休業中に行う「学習合宿」などを通して、進路意識の向上を図ります。

各学年の進路指導

「自己理解ならびに学問・職業学習に基づいた、適切な文理選択をする」

「より具体的な学問内容・職業研究により、学部・学科、職業(職種)分野の選択をする」

「生徒が納得できる希望進路先を選択させて、進路を実現する」

進路指導のスケジュール

1年次

1学期
進路希望調査、進路講話、保護者会、業者模試、「夢ナビライブ」参加、学習合宿


2学期
進路希望調査、文理サポート、文理選択ガイダンス、大学見学会、保護者進路研究会、業者模試、小論文ガイダンス、夢探し講座、英検・漢検受験


3学期
進路希望調査、業者模試

2年次

1学期
進路希望調査、業者模試、特進「進路講話」、小論文トレーニング、「夢ナビライブ」参加、学習合宿


2学期
進路希望調査、小論文ガイダンス、小論文トレーニング、学部学科分野別ガイダンス、保護者進路研究会、業者模試、英検・漢検受験


3学期
進路希望調査、業者模試

3年次

1学期
進路希望調査、学校説明、保護者会、業者模試、小論文模試、志望理由書ガイダンス、保護者進路研究会①、地元大学説明会、学習合宿


2学期
進路希望調査、就職試験出願、専門学校入試出願、大学入試センター試験出願、大学・短期大学推薦入試出願、保護者進路研究会②、業者模試


3学期
大学入試センター試験、私立大学一般入試、国公立大学個別入試(前期・中期・後期)

ページトップ